インソール 実績

実際に来院された患者様の症状の変化やインソールを使用された実績を記載しております。

腰や膝が痛くても、痛いところに原因がないことが非常に多いです。

海外の足病医が行う足部評価を行い0~8点で点数を付けます。

※点数が多いほど悪い足になります。

 

 

年齢 10代

性別 男性

症状 野球の練習でランメニューを過剰にやり右太ももの裏に痛みが生じ来院。

痛みが強く歩行時にも痛みでまともに歩けないほどでした。

身体の柔軟性がなく、足を上手く使うことができなくて疲労の蓄積し痛みが生じていると考えました。

 

結果 歩行や靴の状態を診させていただき足部が悪いと思いインソールを提案。

偏平足や足部にケガをした既往歴があり足の状態が悪く左足5.5 右足6 という点数でした。

インソールを入れ治療もしっかりやった結果野球も休むことなく痛みがほぼなくなりました。

現在でも身体のケアをしながら元気に野球をやっています。

 

 

年齢 50代

性別 男性

症状 長時間座っていて左足から立ち上がろうとした際に左膝に痛みが生じ来院。

歩行時痛、屈曲時痛、腫れがきつくまともに歩くのもやっとでした。

普段長時間革靴で立っていることが多く足の疲労、柔軟性の低下、偏平足などがあるため痛みが生じやすいと考えました。

 

結果 施術をし、かなり症状も落ち着いたところで偏平足や足の疲労の事も考えインソールを提案。

検査の結果は左足5 右足5.5 という点数でした。

今ではインソールを入れたことで長時間の立ち仕事でも疲労度が軽減したとお喜び頂いております。

 

年齢 40代

性別 男性

症状  日頃から長時間歩くことが多く、一日に平均約2万歩を歩くほどです。その結果両膝や腰に痛みが生じ来院。

冬には毎週週末にボードに行くほどボード好きで姿勢がボードに乗っている時のようでした。

右膝は伸展制限もあり特に良くない状況で、下半身の柔軟性や姿勢、筋緊張から痛みが出ていると考えました。

 

結果 まず、一日に2万歩もあるく足に注目し歩き方、足の状況を検査し、インソールを提案。

検査結果は左足4 右足4 という点数でした。

インソールを入れてもらい、並行して施術も行ったおかげで今では2万歩歩いても大丈夫な身体になっています。

 

 

年齢 60代

性別 女性

症状 整形外科で右の足底腱膜炎と診断され注射をしたが朝起きた時の痛みが取れないといい来院

明らかに右足の状態が悪く、圧痛、筋緊張が見られました。

日頃の日常生活での疲労や柔軟性の悪さが痛みの原因だと考えます。

 

結果 明らかな右足の悪い状況もありインソールを勧めながら施術し良くなってきた所で

インソールを入れる事に。検査結果 左足4 右足5という点数でした。

今では足の痛みもほぼ無くなりインソールに大満足してくれています。