コイツでダメなら日本の医療に明日はない

泉佐野院の福良です。

なつかしい漫画を読み始めました。

Team Medical Dragon医龍です

個性あふれるキャラクターが魅力的で医療漫画の中では完成度が高く全巻25巻ぐらいで読みやすいです。

一日一冊寝る前に読んでもひと月で読めるのでおすすめします。

ストーリー

天才外科医の朝田龍太郎は上司ともめて、日本の中では医者として働く場所を失っていました。

日本を出てNGO団体で医療チームを率いていたけど、ある事故をきっかけに医療から離れていました。

 

明真医学部教授の加藤は、自分の出世の為に朝田を利用して、心臓の難手術バチスタ手術を成功させて教授選出を図り、日本の医療を改革する為に

朝田を日本の医療業界に呼び戻します。

朝田は、加藤を次の医局長のさせる為に、次々と難しい手術を成功に導く感動的なストーリー

漫画の出来が良かったのか知らないけど、テレビドラマにもなっています。

シーズン4まで作られたけど、シーズン2からは漫画原作ではなくオリジナルストーリーになっています。

 

キャラクター紹介

朝田龍太郎 主人公の朝田龍太郎は天才外科医で世界レベルの治療技術を持っているのに、生活態度はすごく破天荒に書かれている、

患者に対する態度はすごく献身的で医療に関する事には常識外れな事も天才な技術で不可能を可能にする凄いやつです。

加藤晶 野口の次の医局長の座を取るために、朝田をスカウトする心臓外科のエリート 

里原ミキ 朝田の相棒的な、看護師 看護師の仕事を越えた仕事もこなす凄腕 後半は彼女の義理の兄も登場してきて

朝田と深い因縁を書かれたエピソードも出てきています。

伊集院登は新米の医者です。 医局内での自分の保身ばかり考えていくサラリーマンの鑑のような性格でしたが、

朝田と出会うことで、新米の医者としては普通では経験できないほどの手術に立ち会う事とになっていき、研修医のレベルを超えた医者に成長していきます。

野口賢男 朝田が務める事になる大学の心臓外科教授で医局長 腹黒い性格で政治的手腕のもたけていて、手柄は自分の物、ミスは他人に押し付ける性格で、朝田と何度も対立していくことになります。

後半は朝田と和解して仲良く入院している場面も

木原毅彦は平凡な医者の代表的なキャラクターで、漫画の中では最初は小物的に書かれていたけど、後半に母親想いで後輩思いの優し性格が描かれていきます。

その他にも魅力的なキャラクターが多く最後まで飽きずに読めます。

 

 

関連記事

  1. 体を動かすのにいい季節がやってきました。

  2. スポーツを楽しく続けていきたい人に伝えたい事!!

  3. 「ヒップアップしたい人必見!正しいお尻の鍛え方」

  4. パソコンのモニターを買い換えました。

  5. 貴方の身体の歪みは歯が原因で歪んでいる可能性が?

  6. 肩の痛みには〇〇の動きが重要?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご予約はこちら