あなたは産後、骨盤が歪む本当の理由を知っていますか?

最近は整骨院、整体院などで「産後骨盤矯正」という文字をよく見るようになりましたね。

 

骨盤が歪み、妊娠以前に履いていたズボンが履けない腰痛が強く我慢できないなどの

悩みで皆さん行かれる方が多いのではないでしょうか。

最近では、世間一般的に産後は「骨盤が歪む」という事がかなりの方の脳内に植え付けられていると思います。

 

では皆さんはどのタイミングで骨盤が歪むのだと思いますか??

どのように身体が変化しているのだと思いますか??

 

患者さんのほとんどが「産後に骨盤が歪んだので矯正をしてほしい!」と言われます。

 

そういう方がほとんどなのですが産後に骨盤が歪むのではなく

本当は骨盤がもっとも歪んでしまう原因として妊娠中に骨盤へ加わる負担が大きくなり歪んでしまうことがほとんどなんです。

 

では、なぜそのようなことになるのでしょうか?

 

妊娠すると胎児が成長するにつれ、お腹が大きく前に突出するようになりますよね?

 

お腹が前方に出る事によりそれまでまっすぐに立っていた人の身体の重心が前方に傾きます。

重心が前方にいくことにより筋肉に引っ張られ骨盤も同じように前に引き寄せられてしまいます。

そのまま重心を前に置くようになるとどうなりますか?

 

前から引っ張られるようになるため前に倒れてしまいそうになりませんか?

 

そんな身体を皆さんの身体はどの様にカバーしているのでしょうか。

身体全体が前にいかないように皆さんの身体は腰骨(腰椎)が前方に出る

お腹に合わせて突出し凄く反るような形をとります。これが皆さんも一度は聞いたことがある「反り腰」です。

そうして身体全体で前方にいかなくてすむわけですね。

 

反り腰になると腰痛の原因になったり、腰骨(腰椎)が反ることにより他の場所のバランスが崩れてしまい

肩こり・首こり」「股関節痛」「膝痛」などになる原因になってしまいます。

 

その他にも歪む原因があります。

胎児がお腹にいる状態だと長い時間立っていたり、座っていたりすることが、胎児が大きくなるにつれて苦しくなります。

そのような状態になると片方に重心を傾ける姿勢をとってしまいますよね。

人は無意識に左右どちらかに重心を傾けてしまう事が多いので、ふと気づくと毎回同じ方向に重心を置いてしまっています。

特に座り方に注意が必要です。動くのがしんどいと言ってずっと座っている方が多いと思います。

 

胎児の重みもありますし左右どちらかに傾いたまま長時間いる事で股関節痛や骨盤の歪みに強く影響します。

座り方で言うと床に座る時に横座りをする方がほとんどですが横座りも必ず自分がやりやすい方に傾いてしまいます。

できるだけ横座りはしないようにしましょう。

 

他にも多くの方が訴える足の強い浮腫みも、重い胎児がお腹にいる状態で座っていると血管を圧迫してしまい浮腫みやすくなります。

 

骨盤の歪みについてお話してきましたが妊娠中に骨盤が歪むことで胎児への影響もありますので注意が必要です。

お母さんにとって胎児にはいい環境下ですごしてほしいですよね??

骨盤は内臓を下から支えているものになるので骨盤が歪むことで内臓が下に下がってしまう事があります。

下に下がった内臓は子宮を圧迫し胎児に窮屈な姿勢へと追いやってしまいます。

 

ですから皆さんは胎児を守るためにも妊娠中からも姿勢を気にする必要があるのです。

 

胎児の為にも自分の為にも行動していくのであれば産後からではなく妊娠中から対応していくことをお勧めします。

 

妊娠中から骨盤矯正や施術を受けた方は産後骨盤も凄くスムーズに戻ってくれるので育児で忙しいお母さんもとても嬉しいですよね。

 

自分でできる骨盤の歪み予防をご紹介しておきます。

簡単な事ですが「ウォーキング」です。

ウォーキングといってもしっかりと正しい姿勢を意識しましょう。

妊娠中は胎児がお腹にいるのでガニ股歩きになりがちです。

ガニ股で歩くのは良くないのでできるだけ正しいフォームを意識し歩きます。

他にも自分に合った靴を選び歩くことも必要ですね。

靴はガニ股で歩くと靴のかかとの外側が削れていってしまうので

時々チェックして削れていたら新しい靴に買い替えるのが理想です。

インソールなどで足を良い状態にもっていくこともお勧めですね。

 

注意が必要な事は必ず無理はしない事です。休憩をとったり

少しでも体調の変化があれば中止し休憩をとるか、タクシーを使い家に帰る事も考えてください。

 

今回は骨盤がどのような事で歪むのか、歪み予防についてお話ししましたが

皆さんは妊娠中日常生活をどのように過ごしているか一度考えてみてください。

 

これを読んで考え方が少しでも変わったなどの変化があればとてもうれしいです。

次回は妊娠、出産で体のどこにダメージがくるのかをブログでお話していきたいと思っていますので
よろしくお願い致します。

 

山下

関連記事

  1. 妊娠から出産後までの気を付けるポイントは??

  2. 産後なぜ前までのズボンが履けないの?

  3. 正しい姿勢を意識すると疲れがとれる?

  4. 腰痛に悩まされている人必見!やるべきトレーニング集

  5. 脊柱管狭窄症には〇〇が強い!!

  6. 「ヒップアップしたい人必見!正しいお尻の鍛え方」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご予約はこちら