交通事故後の治療について

こんにちは!!

リード鍼灸整骨院 泉佐野院の山下です。

今回は交通事故にあった後の話を少していきたいと思います。

皆さんは交通事故にあった事があるでしょうか??

交通事故にあった時身体へ相当な負荷がかかり痛みを出すことがあります。

さらに交通事故の場合怖いのが日が経ってから他の場所が痛む!!などがあるのです。

ですから正しく病院に通院して先生に相談する事が大切になります。

通院について

交通事故で身体に異常を感じたらすぐに病院へ行きましょう。

痛みを我慢して数か月後に後遺症が出た場合は交通事故との因果関係が証明できません。

むち打ちの場合、レントゲンでは診断しづらいので、たとえ「異常なし!!」と言われても、

どこが痛いのか説明し、診断書は必ず受け取りましょう。

また、健康保険でどれぐらい診察してもらえるかも聞くようにしましょう。

通院の間隔が空くと困る例

・事故10日くらいしてから痛みが出て病院に行く→事故との因果関係が証明できなくなる!!

・ケガの治療で1ヵ月以上病院へ行かない期間がある→通院期間が空く事で事故とは無関係、治療の打ち切りと見なされる!!

痛みを我慢して通院間隔を空けると保険会社の方から、治癒したと思われる場合があります。

保険の早期打ち切りも検討されますので、痛みがあるうちはしっかりと通院しましょう。

痛みがある場合は必ず人身事故扱いで!!

もし、加害者から「点数の累積で免許停止になると仕事をクビになるので、人身事故にしないでください」と

言われても、痛みがあるなら人身事故扱いにして、すぐに病院へ行くべきです!!

なぜなら、自賠責保険は、人身事故扱いでなければ適用されないからです。

被害者が後に後遺障害となり、泣き寝入りする事も多々あります。

交通事故は初期の対応が重要です。

すぐに病院へ行った方が、早期に治療を終えて社会復帰できます。

まずは自分の身体を治す事に専念しましょう。

「病院・整形外科」と「整骨院」は、どちらも自賠責保険が適応されると治療費が0円!!

交通事故に遭った場合に併せて通院している人も多く、その理由としては、

病院・整形外科だけだと次の診察まで間隔が空き、痛みや不安感が増すことに加え、一日も早い社会復帰ができる様に治療が受けたい、という事があります。

ですから、病院・整形外科だけではなく整骨院にも通う事をお勧めします。

まとめ

交通事故はいつ皆さんに起こるかわかりません!!

もし交通事故にあった時どの様な事をすればいいのか、

イメージしておく事が肝心です!!

皆さん気をつけましょう!!

リード鍼灸整骨院 泉佐野院

山下

 

関連記事

  1. 在宅ワークは落とし穴あなたへ降り注ぐ罠!!

  2. 猫背をなおして美しい姿勢になると体調がよくなる?

  3. スポーツを楽しく続けていきたい人に伝えたい事!!

  4. 囲碁で初段を目指します。

  5. コイツでダメなら日本の医療に明日はない

  6. あなたのその辛い肩こりの原因は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご予約はこちら